Music of the nightは大事じゃないの?!
06年09月02日(土)ソワレ 電通四季劇場「海」
A席1階13列3番かな。

back index目次に戻る

勝手に佐野さんのファントムが見納めになるかと思い(だって、声がヤバいんだもん)、前回が結構良かったので1週間後の今日、観に行ってきました。まあ、この前良かったから・・・と勢いで行くとたいていコケるんですが、はい、コケました(爆)。
いや、舞台自体は良かったと思う。この前よりも芝居が皆濃くなってるような気もしたし、でも、マニアならではの(?)いまいち感動にかけてしまう舞台でした。正直言って、しばらくはこれ以上良くならないと思う(笑)。てゆーか、これ以上良くなるには、野村玲子さんのダンナが演出を辞めるか(爆)さのぴー、沼尾っちがもっと歌に安定感が出ないとな・・・・そうなんです~、この二人の歌、1幕が全然ダメなんです・・・。Think of meも、演技というか感情はこもってるんだけど、沼尾っち声が出ない。というか伸びない。ぶつっ、ぶつって切れるんです。声にスタミナが足りないのかなぁ。
さのぴーもそう。歌ね、前回より酷かったんですよ。

Music of the nightのサビ「心の赴くまま~~~!」のところ、さのぴーの声より、オケのほうが長かった(爆)。前回もあまりに「ま~~~!」が短かったのでビックリしたんだけど、ああいうのもアリかなぁと思ったんです。今日はそれより短くて(明らかに声が出ないのですみません、て感じ)・・・・あそこってファントムの一番の歌の聞かせどころなのになぁ・・・・ファントムが「あ~~~~!」って声を張り上げて、その後の声が劇場に吸い込まれていく感じと一瞬の静寂、クリスティーヌがその声に反応する・・・これが1幕のオイシイところだと思うんですけどねぇ・・・最初(8/9)のときはちゃんとサビ、伸ばしてたのになぁ、何なのこれ?さのぴー?!声出ないんだったら、テープにとっとけよ・・・(爆)。2回ほど声がかすれてヘンな声になったりしてて、笑ってましたよあたし。音外したりもしてるし、音痴ファントムはダメだろー!Music of the nightをもっと聞かせてくれよー!

それに、演技はいい、と言っても主役3人より周り(カルロッタ・ピアンジコンビや支配人コンビ、アンサンブルの人たち)のほうが良かった、乗ってたのよ。なんか珍しく四季の舞台らしく(爆)「アンサンブルの四季」だったなぁという感じがしましたね(笑)ルフェーブルの深見さんなんか、そんなに出番ないのにオークションといい、ハンニバルといい、すごく上手かった(個人的には、少なくとも川地さんのルフェーブルより好き(爆))。ブケーの塚本さんも、普段から酔っ払ってるような(?)ブケーがすごく上手かった。2幕目だけど、マスカレードで踊るアンサンブルの人たちが、そりゃもう楽しそうだった。サルをやってた子が一番楽しそうだったもんな(笑)。
ちなみにマダムジリーは初なのか、戸田さんが演じていました。低い声苦手なんだろうな~(笑)。まだセリフが一本調子なんですけど演技は自然だった(あんまり怪しくないマダムだった(笑))。

だから1幕はねぇ・・・主役はカルロッタだったかも(爆)。目立つし、声でかいし。


で、2幕の墓場のシーン、Point of no returnあたりから、ファントムとクリスティーヌが声を出し始めるんだよねー。なんだよ、体力温存してんのかよ、と思うくらいです(たぶんアタリであろう(爆))。確かに後半盛り上げたほうが印象に残しやすいのかもしれないけどさ、そんなちゃんと声出せるんだったら、最初から出せよとマジで思いました。
これまで何人ものファントムを何回も(爆)観ていますが、「ちゃんと声が出てくれるかな?」って不安になるファントムなんて初めて。さのぴー、演技はかなりいいほうだけど、声が安定して出せないのはヤバいのでは?そういう意味では、満遍なく美しい声の出せる高井さんや村さんは、それはそれで偉いのかも(爆)しれない。

あともうひとつ言わせてもらえば、さのぴー、肩の力抜こうよ。さのぴーって肩にヘンな力が入るクセ、カラダがカクカクするクセがあるので、これを直して欲しい(笑)。素人だって3ヶ月も稽古してりゃクセが取れるんだからよー、直せやゴルァ(爆)。

たぶん、今日見たのが2度目だったら、あたしは前回のようにさのぴーと沼尾っちを絶賛(?)するであろう。そのくらい芝居は良いからねぇ。でも今回は、1週間前とさほど変わりがない(少なくともファントムの歌は悪くなってた(爆))出来だった。どうも四季って、日曜日で最高潮まで上がると、次週(火曜か水曜)からまたテンションが下がってるんだよね(だから週始めに観るとあまりいいことがない(爆))。下げるなよ、上げたままにしとけよー!!

ちなみに、zuma的ツボシーンの「カラダの線を撫でる」ところ、今日はさのぴー、しっかりと股●を撫でておりました(爆)。そのあとファントムが妙にカラダをくねらせてる様に見えたのは気のせいでしょうか(爆)。いつの間にオネェ系ファントムになったのかと思った。
しかし、3回も観たのに、まださのぴーのファントム像が見えない。キャラが見えないんです・・・。取り立てて優しいわけでもなく(今井さんのファントムがそうだった)、冷たいわけでもなく(どちらかといえば村さんか)、怒るわけでもなけりゃ(青山アキラファントム)色っぽいわけでもない(BWのHowerdファントム)。あえて言うなら極々普通(爆)の男、ファントムなんですかねぇ。ただの普通の男が踊り子に恋をしたけど、どうやって告白したらいいのか分からないからいろんな手を使ってる、ような(笑)。キャラ的には、韓国で見たキムさんのファントムに似ている(顔は似てない(爆))ような気もするけど(もちろん、反論OK(爆))。

あ、そうか。あたしがイライラするのはファントムのキャラが見えないせいなのかしらねー(笑)。それとも今日は1階だからと思って双眼鏡を使わなかったせい???

ラウルは・・・ウザイ(爆)。

ところで、R席ガラガラでした(爆)。今日、土曜日の夜だよ??もう見切れる席なんか作らなきゃいいのによ~。作るなら100円くらいで見せりゃいいのに(笑)。席が空いてて役者のテンションが落ちるのなら、イスを取っ払うかダミー客でも入れるかしてくれ。


本日のキャスト

オペラ座の怪人::佐野正幸
クリスティーヌ・ダーエ::沼尾みゆき
ラウル・シャニュイ子爵::北澤裕輔
カルロッタ・ジュディチェルリ::種子島美樹
メグ・ジリー::宮内麻衣
マダム・ジリー::戸田愛子
ムッシュー・アンドレ::林 和男
ムッシュー・フィルマン::青木 朗
ムッシュー・ルフェーブル::深見正博
ウバルド・ピアンジ::半場俊一郎
ジョセフ・ブケー::塚本伸彦




UP上へ  back index目次に戻る